医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

医療レーザー脱毛はエステサロンで行う脱毛に比べて効果が高いことで注目されていますが、これから医療脱毛をしようと考えている人にとって気になるのは副作用ではないでしょうか。医療レーザー脱毛を受けた直後の肌は一時的に火傷をしている状態になり、外部刺激を受けやすくなりますが、炎症は2,3日で引いてくるのでそこまで心配する必要もないでしょう。しかし、施術後は激しい運動はもちろん、入浴やサウナは避けた方が良いです。体温が上昇すると炎症がなかなかおさまらなくなるだけではなく、毛穴に雑菌が入ってしまうと毛膿炎になってニキビの原因にもなってしまうので注意が必要です。もし赤みがひかないようならクリニックへの受診をお勧めします。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛の施術によくあるトラブルの内容については、大手のクリニックの資料などに詳しく掲載されることがありますが、特に火傷や打ち漏れなどのリスクに備えることが欠かせません。
とりわけ、テスト照射などの取り組みが行われているクリニックに通院をすることによって、肌質が弱い女性であっても、満足のゆく対応を受けることが可能です。
また、ムダ毛が少なくなっている人の地意見を聞くことはもちろん、アフターケアにこだわるために、各地のクリニックの保証制度の中身を確認しながら、再照射の方法や副作用の特徴などを調べることが大事です。

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

医療レーザー脱毛の施術後に、副作用でワキ汗の量が増えるとの口コミが見受けられますが、それは勘違いだと言われています。
ムダ毛には汗の流れを食い止める役割がありますが、脱毛を行うとムダ毛がなくなって、肌に汗がダイレクトに流れるため、汗の量が増えたと勘違いしてしまいます。
また、医療レーザー脱毛を受けるとワキガが改善するとの口コミもありますが、汗腺にダメージを与えることはないので、ワキガを治療することはできないとされています。
ただし、においや不快感を軽減することは期待できます。
さらに、におうのでワキガになるという声も見られますが、医療レーザー脱毛によって症状が出ることはないとされています。

横浜の永久脱毛クリニックの口コミ

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

医療レーザー脱毛を受けた後は肌が普段よりも敏感になっています。負担のかかるような湯船を張ったお風呂やサウナなどは避けて、シャワー程度にすると安心です。また、副作用として脱毛後には肌が軽く熱を持つこともあるのですが、熱を持っている間は肌中の水分がどんどん蒸発して乾燥しやすくなっていますので、よく冷やすことも大切です。赤みがしっかりと引いてヒリヒリとしたような感触も無くなれば治まっています。それ以外では、脱毛後の日焼けにも注意が必要です。ただでさえ肌が弱っている状態ですので、そこに日差しを浴びれば肌中で生成されるメラニンの量が急激に増えてしまい、肌がくすんだり色素沈着が引き起こされる恐れもあります。
レーザー脱毛 静岡 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です