医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違いとは?

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の中でまず異なるのは肌に対する安全面が違います。サロンの場合では資格がなくても脱毛を行えるので肌に跡が残ることがありますが医療機関で使用が許可された脱毛では専門の資格を所持した医師によるレーザーを使用した光脱毛方式を行うため費用の面でも安全性の面でも安く済みます。また効果が現れるのも医療レーザー脱毛のほうが早く総合的に見てもクリニックで脱毛を行うほうが良いです。それが主な違いです。

医療レーザー脱毛の方が脱毛完了までの期間が短い

エステで受けられるサロン脱毛は低料金で気軽な印象があります。
ですが、実はクリニックで受けられる医療レーザー脱毛の方が、完了までの期間が短く、お得に済む可能性が高いのです。
エステでは脱毛完了までに、約18回程度の施術が必要と言われていますが、効果の高い医療レーザー脱毛であれば、5〜6回で完了することが可能です。
これは出力の高い医療機器を用いた脱毛であるためで、結果的に追加契約の必要性が少なく、トータルで見るとお得になることもあるのです。

医療レーザー脱毛なら肌トラブルが起きても安心

医療レーザー脱毛は医師や看護師など、医療従事者のもとで行われる脱毛方法です。
そのため、万が一の肌トラブルが起こった場合にも、医師により迅速な診察、治療を受けることが可能となっています。
エステサロンでも安全性に配慮された脱毛が行われてはいますが、肌トラブルのリスクはゼロではありません。
クリニックのように治療をしたり、薬を処方したり、といったことができないので、肌トラブルが不安な場合は、医療レーザー脱毛がおすすめです。

医療レーザー脱毛の施術をするのは医療従事者のみ

エステサロンで脱毛する時に使用される機器は、エステティシャンが施術を行うため、光脱毛と言われる出力が弱く照射範囲の狭い機器が使用されます。

一方医療レーザー脱毛で使用される機器は、高出力で照射範囲も広いのが特徴で、この出力の強い機器を安全に使用できるのは医師や看護師などの医療従事者のみと決められています。
この医療レーザー脱毛を行えるのは、国家資格を持った医師が勤務する医療機関でしか行う事だ出来ないので、万が一何かトラブルが起こった場合でも安心です。

医療レーザー脱毛なら麻酔が使える

医療用のレーザー脱毛機を使用して施術する医療レーザー脱毛は医療行為に当たるため、エステではなく、医師がいるクリニックでしか行えません。また、医療レーザー脱毛は強い出力で施術し毛乳頭を破壊するので脱毛効果が高い一方で痛みを感じる場合があります。ただし、医療レーザー脱毛では、施術時の痛みを軽減するための麻酔を使うことが可能です。種類としては、ガスを吸入する笑気ガス麻酔やクリームを塗る皮膚麻酔があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>